テレクラ放火で懲役20年「凶悪な犯行」

 2000年に神戸市のテレホンクラブ「リンリンハウス」元町店などが放火され客4人が死亡した事件で、逃走用の車を運転したとして殺人と放火などの罪に問われた無職堀健一被告(41)に神戸地裁は16日、懲役20年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 東尾龍一裁判長は判決理由で「無差別的で凶悪な犯行」と指摘した一方で「立場は従属的」とした。

 弁護側は「営業妨害のために火炎瓶を使うと聞いたが、火事になり人が死ぬとは想像していなかった」として無罪を主張していたが「未必的な殺意は認められる」と退けた。

 判決によると、堀被告は元会社役員坂本明浩被告(49)や元テレクラ経営中井嘉代子被告(68)、無期懲役が確定した実行犯の男2人と共謀。00年3月2日朝、元町店に火炎瓶を投げ込み、男性客4人を一酸化炭素中毒死させた際、実行犯の車の運転手役を務めた。

 坂本被告は一審無期懲役で控訴中、中井被告は二審無期懲役で上告中。

サンケイスポーツ

死刑にしてもいい気がします。
by Y16m9OD6 | 2009-12-16 15:12